+ことばさがし+

テレビ好きな管理人(ねね)が、独断と偏見で好みのアーティストを語りまくる、自分本位な徒然日記。
注:お気に入りアーティストは日々変わります。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
「おばあちゃんの家」

めっさええ話やないかぁ〜〜〜(号泣)
うちは核家族なので、おばあちゃんに対する思い入れや思い出っていうのは
あまりないんだけど、それでも孫とおばあちゃんの無償の愛が感じられて、
本当に本当に号泣しましたわ。
いや〜韓国というのはドロドロ愛憎劇や血まみれ戦争モンだけじゃなくて、
普通のヒューマンドドラマも、もの凄いものを創っていたのね。
映画は金をかければいいってもんじゃないってことを心の底から学んだ映画でした。

この映画は、ソウルの都会で暮らす今どきの小学生が、母親の就職探しの間だけ
ド田舎のおばあちゃんの家に無理やり預けられる…ってところから話は始まるんだけど、
この田舎に住むおばっちゃんや田舎の人たち、全員演技未経験の素人さんなんですって。
だからヘンに大げさじゃなく、素朴な雰囲気が温かいんだなぁ。
おばあちゃんなんて、本当に表情とかが上手でベテラン俳優かと思いました。

そんでもってサンウ少年役のユ・スンホくんよっ
まぁぁ〜〜彼は素晴らしいぃーーー!!!(大声で叫びたい)

不本意ながら田舎で暮らすことになって、最初はなんにも悪くないおばあちゃんに
これでもかと悪態をつくサンウくん。それが尋常じゃないほど憎たらしいんですわ。
せっかく出してくれたご飯を床に投げつけたり、おばあちゃんの靴におしっこをかけて
あげく捨ててしまったり、かんざしを売ってゲームの電池を買おうとしたり…。
それでも、時折見せるキラキラした笑顔や、やっぱり夜中のトイレが怖い
普通の子供なところがまた可愛くて微笑ましくて。
そんな小憎たらしいサンウに、少しも怒ることなく優しいおばあちゃんなんです。
対するサンウも滞在が長くなるにつれ、細かい作業が出来ないおばあちゃんの為に、
ぶぅぶぅ言いながら針に糸を通してあげ、昼寝の最中に通り雨が降り「放っておこう」と
思いながらも、急いで洗濯物を家の中に入れてあげる。

こういう些細な積み重ねが、サンウとおばあちゃんの仲をより深いものにさせていくんです。
ケンタッキーチキンが鶏だと分かったときの二人なんか本当に可愛いのよ!
ってかサンウくんの声がめちゃめちゃ可愛い。
彼を見ていると、実家にいる甥っ子を思い出してしょうがない。…会いたいなぁ〜

特別おばあちゃんとめったくそ仲良くなった…というところは描かれていないまでも
二人は確実に心を通い合っているのね。
別れの日の夜、読み書きができないおばあちゃんに熱心に文字を教えるサンウくん。
でもそんな簡単に書けるもんじゃない。
仕方なく「おばあちゃんの体が痛いときは、(ハガキに)何も書かずに送ってよ。
そうしたら飛んで来るから」と言いながら、涙が止まらないサンウ。うなづくおばあちゃん。
もぉ〜私はこの時点でおばあちゃんと一緒に号泣です。
そんなおばあちゃんの為に、夜中せっせとハガキを書くサンウくん。
別れ際、ぶっきらぼうに渡したハガキには、サンウくんの優しさがたっぷり詰まっておりました。
涙でまぶたが腫れるっつーーーーのね。

そんでこの映画ね、DVDの特典映像もまたいいんだよね。
初めておばあちゃんに挨拶するユ・スンホくんの「ハラモニ アンニョハセヨ…」って
緊張気味に挨拶するユ・スンホくんが可愛いし、
演技に感情が入っておらず「セリフが長いの?なんで出来ないの?」って監督に激怒され
思わず泣いてしまうスンホくん……。抱きしめてあげたいっ!!!!
大人とタメをはる子役とは言え、まだまだ経験も知識も頭の回転も早くないお子ちゃまなのよ。
そんなに怒らないであげてぇ〜、褒めて伸ばしてあげてぇ〜〜!と懇願したくなる場面でした。
そして空き時間にきゃっきゃと遊ぶスンホくんに安心しました。
おばあちゃんもなかなかの女優魂を発揮していたり、スタッフが本当に優しかったり。
こういう作品は映像の中だけじゃないところでもたくさんのドラマがあって、
その温かさやその人たちの情熱が作品となって表れるんだなぁと思いましたです。
本当に本当にとってもいい映画で、出逢ってよかったと心から思える作品でした。
| a-chan | 映画 | 05:45 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 05:45 | - | - |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2006/06/14 12:15 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2006/04/06 5:06 PM |
ちまさん、はじめまして!!
以前から見ていてくださっていたのこと、
どうもありがとうございます〜。

個人的感想をグダグダと書き綴っているだけのブログですが
紹介した映画を観てみたくなった…なんて嬉しいです♪
この作品は本当に私が大好きなもので、ぜひ多くの方に
見ていただきたかったのです。
ちまさんの中で大切な作品になって本当によかったです。
| ねね | 2006/01/14 3:31 PM |
はじめまして。
以前から拝見していましたが、ねねさんの映画の感想を読んで、この映画が見てみたくなり、先日、レンタルビデオで借りて見てみました。
心温まるすてきな映画でした。
どんな映画か、気になっていたのですが、見てよかったです。
私の大事な作品の一つになりました。
| ちま | 2006/01/11 7:32 PM |









http://a-chan.jugem.jp/trackback/295
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ PROFILE